中小企業のストレスチェック事情

現在では法的に実施義務が生じているストレスチェックですが、内部に産業保健スタッフを抱えている企業でもない限りはストレスチェック制度は担当者にとって大きな負担になるのが一般的です。

ストレスチェックについて分かりやすくまとめてあります。

この制度では情報を扱うスタッフが人事権の無い一般社員でなければならないという規定があり、中小企業にとっては管理上大きな負担を強いることになるものであると言えるのです。
そのため多くの企業が選択しているのがストレスチェックの外部委託です。ある程度の規模の企業となれば社内にしっかりとした仕組みを構築することも不可能ではないのですが、大きな初期投資が必要になるという仕組みになっているためそれなりの運用が出来る体制でなければ無駄な投資に終わると言えるでしょう。
そのため中小企業が義務を果たすための方法としては丸ごと外部委託するというのが効率的な方法として注目されています。
ストレスチェック関連のサービスは広く行われていますので、サービスを提供している業者は少なくありません。

それらの中から目的に合わせて選択しようとするのが賢い方法であると言えるでしょう。

業者の中には非常に丁寧なフォローアップに力を入れているサービスもありますし、単にストレスチェックを実施したという実績作りのために役立てる目的のものもあります。



企業の考え方とコストを天秤にかけて様々な選択肢を模索することが出来るのが外注した場合のメリットであると言えるでしょう。